プログラマーやっててきついこと♪大変だったこと

4 min
プログラマーやっててきついこと

プログラマーって聞くと、

  • 長時間労働
  • プログラムのバグ(不具合)
  • ブラック

なんてイメージがあって、きつそうに思うかもしれません。

ま、そういう面もあるんですけどね。

きつい・・・こともある。

ゴトー

ゴトー

でも僕の場合、辞めたくなるほどキツイ経験は、一度ぐらいしかありませんでした。

それにプログラマーって言っても幅広いし、働き方も様々!

だから個人の体験によって、感想は大きく違うんだと思いますよ。

それを踏まえて、僕なりの感想を書いてみたいなーと思います。

プログラマーと言ってもいろいろ

まず一番大きいところなんですが、プログラマーと言ってもやってる仕事は様々。

例えば次のようなものを作ってるプログラマーがいます。

プログラマーはこんなもの作ってる
  • WEBサイト
  • スマホアプリ
  • ゲーム
  • パッケージソフト
  • 業務システム
  • OS
  • デバイスドライバ
  • 組み込み
  • 暗号プロトコル
  • 宇宙船のシステム

実際には、もっとたくさんの種類があると思いますが・・・。

で、僕が語れる範囲はこれ。

僕が経験してきたこと
  • Webサイト
  • スマホアプリ
  • Windowsアプリ
  • 業務システム

しょせん大学中退&未経験からのスタートですから。

そんな難しいことをしてきたわけじゃありません。

その上での話になりますよ。(゚ω゚;A)アセアセ

ストレスの強い作業がある

僕が嫌だったのはストレスの強い作業です。

ストレスが続くと、胃がキリキリしたり、頭が割れんばかりに痛くなったりしましたね。。

ストレスの強い作業
  • 本番環境でのプログラム修正
  • 本番環境のデータべース操作
  • 稼働中のシステムでのリリース作業
  • 最速を求められる複雑なSQL文の作成
  • 却下が許されないiPhoneアプリの申請

本番環境をイジる

僕はとにかくクライアントの本番環境をいじるのが一番嫌でした。

絶対に止められない大規模なシステム(止めると損害がすごい)をイジるのって怖いです。

万が一トラブルが起きたら自分のせいじゃないですか・・・

緊張して身体がフワフワするんですよね〜。

「あぁ〜コマンド打ち間違いそぉ〜」

ってなるんです。

やればやるほど寿命が縮まる感じ。

ゴトー

ゴトー

※大丈夫な人は大丈夫らしい(;・∀・)

でも最近ではAmazon Web Serviceのおかげで、リリース作業が随分楽になりました。

本番環境を簡単にコピーしたり復元したりできるので、失敗してもすぐに元に戻せるんですよ〜。

ま、本番一発勝負って環境もまだまだありますけどね。

最速を求められる複雑なSQL文の作成

ものすごいデータ量と大量のテーブルから、0.5秒以内に検索するSQL文を作る仕事がありました。

これは作るのには、ほんとーに苦労しましたよ。

そもそも出来るのかどうか分からなくて、重圧で歯ぎしりしてましたね。

毎日、風呂でもトイレでも頭の中はSQL。

いろんな人にアドバイスもらって、MySQLで本出してるような人にも聞いて、それでなんとかDB設定とSQL文を整えて乗り切りました。

動かなかったら人生終わってたわ・・・。

ゴトー

ゴトー

却下が許されないiPhoneアプリの申請

今はどうか分からないですけど、最初の頃のiPhoneアプリって審査すごく厳しかったんですよ。

無慈悲に却下になって、そのあと何をやってもリリース出来なかったり。

「却下になる可能はありますよ」

と、お客さんに伝えてはいたんですよ。

辞めときゃ良かったよ・・・。

ゴトー

ゴトー

でももし却下になったらやっぱ納得しないじゃないですか〜。

「作りが悪いんじゃないの?」

って話になるわけですよ。例えそうじゃなくてもね・・・。

しかもどっかの超大手社会インフラ会社の課長さんは、こっちの話を一切聞きません。

この仕様だと落ちるかもしれないって言ってるのに、全然話が伝わならいし。

完成前にプレスリリース打ちまくって、もう逃げ道がありませんでした。

だから申請するときはドキドキで寝られなくて。

パソコンの前でスマホ握りしめ目ながら布団はいってたな〜。

このときばかりは駄目なら逃亡してたかも。

ゴトー

ゴトー

幸い奇跡的にOKでした。

よくあんな内容で通ったよ・・・。

そのあと死んだように寝ました。

一瞬にして青ざめるようなイベント

心臓に悪いやつ
  • 納品後に見つかったバグが自分のものだった
  • リリース作業の失敗

これらはめっちゃ焦ります。

一瞬にして青ざめます。(||゚Д゚)ヒィィィ!

幸い僕は大きなトラブルは起こしてないんですが、バグは心臓に悪いですよー。

あと信用も失いますしね・・・。

ホント良いことなし。

健康問題がつらい

これも地味につらい話です。

特に年齢が上がってくると、これが一番悩むかもしれない。

ITエンジニアの健康問題ですね。

これは誰もが悩まされる。

ゴトー

ゴトー

エンジニアあるある
  1. 眼精疲労
  2. 肩こり
  3. 腰痛
  4. ヘルニア
  5. 腱鞘炎
  6. 逆流性胃腸炎
  7. 顔面神経麻痺

ちなみに全部、身近なエンジニアか自分に起きた症状です。

僕も眼精疲労と肩こりには、随分昔から悩まされてます。

眼精疲労はブルーカットメガネを使うようにしたら、すこしマシになったんですけどね。

それ以外は、若いうちは大丈夫 。

30後半になったぐらいから要注意。

体力が落ちてきて、今までのツケが一気に吹き出しますよ・・・。

あっ痔はね〜、笑えるようで笑えないから❗ホント気をつけて。。 (/ω\)

長時間労働はさして苦にならない

さて最後にエンジニアにつきものの長時間労働について。

僕は縁あってブラック企業からスタートしました。^^;

そして次に就職したベンチャー企業も、徹夜徹夜のデスマーチが常態でした。

だからフリーランスとして独立するまでは、ずーっと長時間労働だったんですね!

でもね、カタカタしてるの好きなんです。

パソコンの前に座ってると落ち着く。

ゴトー

ゴトー

だから長時間労働はそんな辛くないんです。
(もちろん人によって感じ方は様々)

徹夜を繰り返すデスマーチだって、ちょっとしんどかったけど、若かったらモチベーション高くてお泊り会みたいなノリだったし。

それにベンチャーの仲間は気楽だったので、人間関係はめっちゃ良好でした。

というわけで長時間労働は、平気だったんですよ〜。

でもこれらは環境とか好みによって感じ方が違うかなーと思いますよ。

あとがき

実際、プログラマーよりきつい仕事って、たくさんあると思いますよ。

警察官とか看護師のほうが、過酷なんじゃないかなと。

肉体疲労で言ったら介護職とかハードそうだし、睡眠時間で言ったら調理師も大変そうだし。

プログラマーは朝自由で、エアコンも効いてるし、顧客の顔色みなくていいし、相対的に悪くないと思うんですよね。

僕がプログラマーとして経験した範囲では、そこまできついことは無いかなーって思います。

むしろプログラマーやってて楽しかったことの方が、圧倒的に多かったんですよ。

そのあたりのことや魅力を、以下の記事でたっぷり紹介してます。

ゴトーS

ゴトーS

大学中退からITエンジニアとなって15年ほど経ちました。ブラック企業→ベンチャー企業を経て、フリーランスエンジニアとして13年ほど。特にスキルもなく英語もロクに喋れないけどベトナム、台湾での仕事経験が豊富です。自分の仕事を持ちたくて、開発以外の仕事にも力を入れてます。
» 詳しいプロフィールはこちら

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA