【ebay】DHLと契約を個人事業主がするまでの流れ

4 min
ebay DHLと個人事業主の契約

郵便事情の悪化により、ついにDHLさんと契約しました。

でも契約するまでが結構大変だったんです!

途中でいろいろ疑問に思ったことがあったので、そのメモを残しておこうと思います。

気付けば一ヶ月掛かった・・・(汗)

ゴトー

ゴトー

DHLに個人事業主として新規登録する

DHLと契約したい・・・

と思ってもどこから申請すれば良いの?

ってぐらいDHL関係のサイトが多くて、とにかく迷いました。

どこからでも新規登録できるんだけど?(汗)

なんとなくでMyDHL+から新規登録しました。

あとで知ったんですが、DHLのカスタマーサポートにメールで契約の申し込みをすれば良かったみたいw

MyDHL+の新規登録フォームでは、会社名が必須だったので屋号を記入。

こうして登録したところ、DHLの営業さんよりメールで連絡をいただきました。

DHLに提出する書類1回目

DHLの営業さんから、アカウント開設のための申請書(Excel)を貰いました。

必要事項を記入して提出すればOKです。

なんですけど、気をつけたいポイントが3つ。

  1. アカウント開設に書いたメールアドレスは後で使う
  2. DHLは個人事業主の開業届けの控えが必須
  3. ebayでDHLを利用したいことを伝える

アカウント開設に書いたメールアドレスは後で使う

1つめのポイントは『メールアドレス』。

申請書に記入したメールアドレスは、あとでMyBillというサイトを使うときに利用することになります。

だから適当なやつだと後悔するw

※なのにメールアドレスは必須項目じゃなかったりする罠。

DHLは個人事業の開業届出書の控えが必須

そして2つ目は『個人事業の開業届出書』の控えが必須なこと。

『個人事業の開業届出書』以外の書類は、一切受け付けてくれないので注意!

確定申告の控えとかじゃダメダーメ。

じゃー数回引っ越しして『個人事業の開業届出書』の住所が変わった輩はどうするの?

そんなときはですね、現住所のある税務署にもう1回だせばOK!

えっ?何回でも出せるの?

って思うじゃないですか。出せるんですwビックリ

というわけで手元に『個人事業の開業届出書』の控えがない人や、住所が違ってしまってる人は、新しいやつを税務署に持って行きましょう。

ebayで利用したいことを伝える

3つ目はebayで利用することを忘れず伝えること。

これを伝えないとebayセラー専用の割引が適用されないようです。

ちなみにebay以外の発送で使っても良いらしい。

DHLに提出する書類2回目

お次はどんな感じで利用する予定なのか聞き取りがあります。

といっても聞き取りシートみたいなものに書き込んで提出するだけ。

ebayで何をどれぐらい売ってるかを書いていきます。

現状をそのまま書くだけなので難しくありません。

いちおう今後のやる気についてもアピールしておきました。

※アピールは重要じゃない可能性があるw

ただ申請の内容によっては開設できない場合や、特別な割引を受けられないことがあるって書いてました。(汗)

DHLが契約してくれないことも、あるのかもしれない。

ゴトー

ゴトー

DHLに提出する書類3回目

お次は以下の3つの手順を踏む必要がありました。

  1. 契約書
  2. eセキュアの申込み
  3. PayPalのID

契約書とeセキュアの申込みは、書類に書き込んで提出するだけなので省きます。

ここで注意したいのはPayPalのID。

いやいや普通にPayPalのIDを伝えればいんじゃない?

って思うかもしれないけど、その通りなんだけど、要チェックなポイントがあります。

PayPalのIDとはメールアドレス

PayPalのIDってなんじゃらホイと思ったら、メールアドレスなんですね。

ところが僕はPayPalにメールアドレスを2つ登録してましてね。(笑)

どっちが正解なんじゃーと思ったけど、どっちでもログインできました。

だからどっちでもOKだろと思って、後から登録したメールアドレスにて申請しましたよ。

これで大丈夫だった

ゴトー

ゴトー

PayPalのアカウントが円建てかチェック?

PayPalのIDを申請するときの注意点として言われました。

「アカウントが円建てかドル建てか確認ください」
「あとからアカウントの付替えはできません」

PayPalのアカウントにドル建てとか円建てとかの違いってあるの?

どっちもイケるのがPayPalなのでは?

と思って営業さんに質問したんですが、PayPalに聞いてという回答でした。

うーむ、いやそうじゃなくてさ・・。

しょうがないので特に気にすることなくPayPalのIDを提出しました。

未だに分からない。

ゴトー

ゴトー

DHLに書類を提出してから3週間

それからしばらく音沙汰がありませんでした。

きっとコロナと紛争とで忙しくされているのでしょう。

でもさぁ、開設まで1週間という話から既に3週間経ったんだから、そろそろ突っついても良いよね?

「今どんな感じですか〜?」

という感じのメールを送ったところ、次のステップに移ることができました。

次はこの3つをやっつけますよ。

  1. PayPalアカウントとの紐付け
  2. MyBillへの新規登録
  3. MyDHL+への新規登録

PayPalアカウントとの紐付け

教えたらた手順どおり、PayPalでDHLからの引き落としを許可します。

これによりDHLから自動的に引き落とされるようになりました。

以前ebayから自動引き落としされてたのと同じ仕組みですね。

僕の場合、PayPal口座にドルが結構残っていて、クレジット決済とどっちが優先されるのか疑問に思いました。

PayPalのサポートに聞いたところ、PayPal口座の残高がクレジット決済より優先されるので、ドル→円に換金されて支払われるそうです。

クレジット決済したいなら、PayPal口座からドルの資金を抜けだって。

MyBillへの新規登録

この後ようやくDHLからアカウント番号が発行されました。

輸出用と、返送時の輸入用の2つのアカウント番号を貰えます。

この2つのアカウント番号をMyBillへ登録します。

このとき使うメールドレスが、1番最初にアカウント申請をしたときのやつ。

ちにみにMyBillというサイトは、請求と支払いだけを扱います。

荷物の見積もりとか出荷ラベルを出すのはMyDHL+の方でやるんです。

MyDHL+への新規登録

営業さんからもらった手順書の通りMyDHL+へ新規登録するだけ。

と思ったら「メールアドレスは既に存在します」のエラーが!

そういや最初に申請したのはMyDHL+からでした。(汗)

なので既にアカウントは存在する状態!

えっ?手順書と違うけど?

だけど聞いても意味ない予感がして、勝手にドンドン進めちゃいます。

パスワードのリセット機能を利用して、初めてパスワードを入力します。

これでログインできたので、あとは情報を更新する形で、必要な情報を全て登録(したはず)。

不安なんだけどこれでOKらしい(確認した)。

DHLに書類を提出してから4週間

翌日にMyBillからアカウントの新規登録が認められました。

MyBillの方もパスワードのリセット機能をつかって、新規パスワードを設定します。

これにてMyBillも使えるようになりました。

いやー長かった、結局1ヶ月かかりましたね。

もちろん今はコロナとか紛争とかの影響で、混雑してるってのが原因だと思います。

平時であればもう少しアカウント開設は早いんじゃないかなと。

あといろいろサイトがあるけど、ようするにMyBillMyDHL+だけ使うんですね。

まとめ:DHLとの契約は早めに始めよう

DHLさんと契約したい場合は、早めに始めましょう。

国際郵便の値上がり(Xデーは2022年6月)で今後ますます混雑が予想されますね。

最初はとにかくDHLのカスタマーサポートに、アカウント開設の依頼をするだけでOK。

そこまでやっちゃえば、あとは案内に応じて書類を提出していくだけです。

契約まで長いけど、決して難しくはありません。

では、お互い生き残りましょう!

ゴトー

ゴトー

アフィリとebay輸出でなんとか生活してるよ→からの一攫千金目指し中♫ちなみに英語は中学生レベルだぜ☆アラフォーだけどお互いここから頑張ろー(゚∀゚)ノ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA