F-12Dでb-mobileを使ってSMS認証した!注意点あり

2 min
F-12D×b-mobile

最近のSNSは、SMS認証が必須になってきましたね。

TwitterとかInstagramとかLINEとか。

ゴトー

ゴトー

SNS運用をするにあたり、仕事とプライベートのアカウントは完全に切り分けたいなと思いました。

そんなときに目を付けたのが、F-12Dと格安SIMのb-mobile

この組み合わせで実際にSMS認証してみました。

F-12Dでb-mobileを使ってSMS認証

らくらくスマートフォンF-12D

F-12Dって、見ての通りなかなか古いスマホ(汗)。

これで本当にSMS認証できるのかちょっと不安でした。

不安だった点
  1. 2012年製のスマホ
  2. 『らくらくホン』シリーズはお年寄り向け
  3. 3Gしか使えない(4GとかLTEとか未対応)

いろいろ準備して、これで動かなかったら作業時間もふくめて丸損ですよね〜。

でも問題なくTwitterでSMS認証できました。

F-12DはSMSが届くと、「ピピピッ」って大きな音がするのでとても焦ります。

お年寄り向けだからねー

ゴトー

ゴトー

いくつか注意点があったので、詳しく紹介したいと思います。

ちなみにb-mobileの一番安いプランを使いましたよ。

b-mobileの190PadSIMプランを使いました

b-mobile 190PadSIM

b-mobileの一番安いプランは、190PadSIMプランです。

SMS付きにしても、なんと月額356円(税込)。

これはSMSが使えるプランとしては国内最安!(2021年10月時点)

ゴトー

ゴトー

ただしSMS認証をオプションで付けられるのは、ドコモ回線を選んだときのみ。

で、F-12Dはドコモのらくらくホンシリーズです。

だから例えSIMロックされてても、ドコモ回線なら問題なく使えるはずと思ったんですね。

実際これでOKでした。

190PadSIMプランは解約しやすい

b-mobile 190PadSIM
190PadSIMが解約しやすい理由
  1. 解約手数料が掛からない
  2. 最低契約期間がない

190PadSIMプランは、この2つの理由のおかげで、すごく気楽に契約できます。

『2年縛り』とか『決められた月しか解約できない』みたいな縛りがありません。

190PadSIMプランは解約手数料も掛からないし、いつ解約してもOKなわけですから!

最後に1つ気をつけたいことがあります。

b-mobileのSIMが到着したら

b-mobileのSIMには開通期限があります。

発送日から20日以内に開通作業をしないといけません。

もし期限を過ぎてしまうと、初期手数料+パッケージ代は泡と消えてしまいますよ。

僕はちょっと放置気味にしていて、あやうく期限を過ぎてしまうところでした。

すぐに作業に取りかかれない人は、注意してくださいね〜。

忙しいときって忘れるよね?

ゴトー

ゴトー

まとめ:F-12D+b-mobileの組み合わせは2021年も使える

次の記事で、F-12Dにb-mobileのSIMを設定して開通するまでの手順を解説します。

いやこれもね、2箇所ほど落とし穴があってハマると時間を使うんですよ。

なので購入したら、ちょっと目を通してみてください。

スマホのほうはF-12Dじゃなくても、3G以降のドコモのスマホなら全部OKだと思います。

でも格安SIMはb-mobileの190PadSIMプランが使いやすいですよ。

b-mobileは公式サイトで注文するとすぐ発送してくれます。

うちには2日ほどで郵便が届きました。

月額わずか356円(税込)でSMS認証が使える携帯番号が手に入るなんて、スンバラシイですよね。

ゴトー

ゴトー

アフィリとebay輸出でなんとか生活してるよ→からの一攫千金目指し中♫ちなみに英語は中学生レベルだぜ☆アラフォーだけどお互いここから頑張ろー(゚∀゚)ノ

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA