フリーランスエンジニアの末路!行き着く先は・・?

3 min

フリーランスエンジニアがその後どうなってしまうのか。

悲惨な末路が待っているのか・・・

はたまた幸せを掴むのか・・・

僕も気になってます!

ゴトー

ゴトー

知り合いの40代〜50代のフリーランスエンジニア20人ぐらいを対象に、今どうなっているか調べてみました。

フリーランスから法人化した

一番多かったのがこれ。

フリーランス(個人事業主)から、社員なしの一人社長として法人化したパターン。

法人化した理由は以下のようなものでした。

法人化した理由
  • 節税目的
  • 取引先に法人化を求められた
  • 事業の借り入れのため
  • 個人だと信用がないから
  • 見栄え

僕の周りだと30代で法人化したという人が多かったです。

そんでそのまま50代になって、今も継続してる方が2人いますよ。

法人といっても一人社長なんで、仕事の内容はあんまり変わってないらしいけど。

これはフリーランスをそのまま続けているのと、大して変わらないので希望がもてますね。

まぁ仕事を取るのに凄く苦労されてる方もいたので、一概には言えないのですが。。

フリーランスをそのまま続けている

次に多かったのがフリーランスをそのまま続けてる人。

50代になってもそのまま続けてる人が6名ほどいました。
(Maxで60歳手前のベテランがいます)

友達の会社から仕事をもらったり、仲間内で仕事を回してるので、途切れるこなくやれてるみたいです。

ただし若い人からの仕事は来なくなったと、みんな言ってました。。

やっぱ年齢差があると、お互いにね。

ゴトー

ゴトー

ちなみに50代の人達は受託案件のみです。

40代ではまだ客先常駐してる人もいますが50代ではいません。

確かに思い出してみても、開発現場で50代ぐらいのエンジニアってほぼ見なかった気がします。
(1回ぐらいはある)

一次産業と兼業でフリーランスを続けてる

僕の知り合いでは、漁業をしてるエンジニアと、農業をしているエンジニアがします。

漁業と兼業でやってるエンジニア

もともと30代前半で海の近くに移住したフリーランスエンジニアでした。

あるときから漁師の手伝いを始めたそうです。

牡蠣の殻剥きとか養殖わかめの取り込みとかを手伝ってるそうですよ。

そっちの方の収入は、バイト代ぐらいな感じみたいですけどね。

ちなみに船も買ったそうですよ。

42歳にして漁師に転向?

ゴトー

ゴトー

あともう一人、地元の漁業組合に就職したフリーランスエンジニアがいます。

最初はプログラミングの仕事をしばらく休むつもりで始めたらしいんですけどね。

仕事のストレスが嫌だたったそうです。

当時は29歳でしたが今は45歳。

農業と兼業でやってるエンジニア

こちらの方は今43歳なんですけど、もともと実家が農家だったそうです。

田んぼをしながら、フリーランスエンジニアを続けてます。

ただし田んぼの収入はあまり多くないらしい。

親から受け継いだ田んぼを止めるわけにもいかなかったのが理由みたいです。

会社員に戻った

会社員に戻った人も一定数います。

フリーランスエンジニアをやってたけど、上手くいかなかったそうで。

会社員として復帰した人は30代前半〜40代でした。

これぐらいならまだ復帰できるということだと思います。

もし会社員に戻るなら、40歳がひとつのボーダーかもしれません。

リアル過ぎて冷や汗がでる。

ゴトー

ゴトー

株やFXでなんとか盛り返そうしたけど、ダメだったという人もいました。

その気持ちはよく分かります・・・。

会社を起こして大成功した

このケースは今のところ2人しか知りません。

一人は僕と同い年のフリーランスエンジニアで、数年前までは一緒にやってたんですけどね。

数年前に企業したんですが、今じゃ売上が数億で社員が数十名のキャッシュあふれる優良企業。

他にもフリーランス仲間がこの会社に参加してます。

困ったら僕も入れて欲しい・・・

ゴトー

ゴトー

社長はかなり精神面がタフなので、その当たりが成功の秘訣かなと思っったりしてます。

そして大きな仕事をたくさん持ってこれる人でした。

もう一人は小さいながらもオフショア開発をメインにしてる人。

こちらの順調に仕事をこなしてるという話を人づてに聞きました。
(オフショア先が僕の友達)

この社長もやっぱり精神面がタフなんですよね。

精神面が強い人は、大きく成功するかもしれません。^^;

別の収入源を作った(作りたい!)

ちなみにこれは僕のこと。

フリーランスエンジニアの仕事をしつつ、なんとか別の事業を起こそうとしてます。

このまま50代になったらヤバそう。

ゴトー

ゴトー

独立後すぐに自社メディアを運営したり、ebayやってみたり、ブログやってみたりしてるんですけどね。

どれも月10〜30万ぐらいの稼ぎにはなったんだけど、その後上手く続きません。

自社メディアは一時期儲かったんだけど没落するし、ebayは発送の手間暇が・・・。

今のところはブログが一番です。

というわけで、これもその一環だったりするのですけどね。^^;

あとがき

僕の周りのフリーランスエンジニアの末路はこんな感じでした。

長続きしてる人達の共通点として、「仕事が途切れない」という面があります。

  1. コネの強い会社から仕事を貰える
  2. 仲間内からの仕事がある

このあたりをシッカリ安定させておくと、歳を重ねても続けられるのかなと。

大きな仕事を集めることができれば、会社にすることもできますしね。

いずれにしろあまり悲劇的なことにはなってないので、希望は持てるんじゃないかなと思います。

頑張れフリーランスエンジニア!

( ´∀`)オマエモナー

ゴトーS

ゴトーS

大学中退からITエンジニアとなって15年ほど経ちました。ブラック企業→ベンチャー企業を経て、フリーランスエンジニアとして13年ほど。特にスキルもなく英語もロクに喋れないけどベトナム、台湾での仕事経験が豊富です。自分の仕事を持ちたくて、開発以外の仕事にも力を入れてます。
» 詳しいプロフィールはこちら

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA